片頭痛になりやすい人とは??その原因とは??

今回の記事は、片頭痛について書いてみたいと思います。

そもそも、偏頭痛ってなんでなるんでしょう?

それは、脳の血管が広がりやすいためになるんです。

片頭痛にならない人は、脳の血管が広がりにくいんですね。

日本で片頭痛の人は約850万にもいるみたいです。

stress-391657_960_720-1

まず、なんで片頭痛が起こるかというと、

普段は血管と神経の間に隙間があるんですけど、脳の血管が広がってしまうために

血管の回りにある神経に触れてしまって、神経が刺激を受けて痛くなるんですね。

では、どのような事が原因で脳の血管が広がるかというと、主に4つあります。

一つ目は、天気です。

雨の日になると気圧が下がるので、脳の血管の圧力が弱まって血管が広がるために痛くなります。

二つ目は、ニオイです。

喫煙所とか香水売り場など、強い匂いのところでは、ストレスを感じてその匂いで脳が興奮して、血流が増すので血管が広がって痛くなるんでです。

三つ目は、寝すぎです。

寝ると脳がリラックスして、徐々に血管が広がるんですけど、寝すぎると血管が広がり過ぎて神経に当たるため痛くなるんです。

四つ目は、空腹です。

お腹が減ってくると、血管が広がってたくさん栄養分をとろうとして、どんどん血管が膨らんで神経に当たるために痛くなるんです。

お腹が減ってイライラする、怒りっぽい人は片頭痛の人が多いみたいです。

では、片頭痛が起きたときの対処法として、温めるのと冷やすのは、どちらがいいのでしょう??

冷やす方がいいです。

片頭痛の時は血管が広がっているので、それを冷やすことによって血管が縮むので、

冷たいタオルをおでこや目の上に当てると、だいぶマシになります。

片頭痛は、生活習慣や食事の栄養のバランスを整え、普段の生活上でのストレスを

うまく解消することが改善するために大事なことです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク