秋鮭、銀鮭、紅鮭の違いって??

秋鮭、銀鮭、紅鮭の違いって??

気になるので、調べてみるとそもそも鮭の種類が違うらしいです。

sockeye-492258_640

まず、秋鮭について

・主に北海道・東北地方の近海に生息している。

・特徴は、青や紫色のストライプ模様が特徴。

・実は秋鮭の正式名は白鮭という名前で秋に採れたことから、秋鮭と呼ばれているが春~秋にかけてとれるものはトキシラズと呼ばれている。

・お歳暮などで送られる新巻鮭は、秋鮭を塩漬けして作られたものです。

続いて、銀鮭について

・日本近海ではほとんどとれないため、主にチリから輸入している。

・特徴は魚に黒い斑点がみられる。

最後に紅鮭について

・北太平洋などに生息し、こちらもほとんど日本ではとれない魚です。

・紅鮭は上半分は青みを帯びていて非常に美しい魚です。

・産卵期を迎えると、真っ赤に染まり非常に美しい紅色になります。

・産卵期になると体が赤くなるのは鮭全般におこることですけど

真っ赤に染まるのは紅鮭だけなので、名前が紅鮭になったということです。

・秋鮭や銀鮭に比べると、紅鮭は特に身が赤いのが特徴です。

では、秋鮭、銀鮭、紅鮭の味に違いは??

三種類とも、味が全然違います。

脂ののり方が全く違うからです。

秋鮭、銀鮭、紅鮭、一番脂がのっているのは

一番はチリから輸入している銀鮭。

二番は紅鮭。

三番は秋鮭。

秋鮭、銀鮭、紅鮭それぞれに合った調理方法は??

脂ののり方に違いがある三つの鮭ですが、実は秋鮭、銀鮭、紅鮭それぞれに

合った調理方法があるのです。

まず一番脂が少ない秋鮭は

バターや油を使ってもさっぱりとした味わいになるので

フライ、ホイル焼、ムニエルなどがおすすめです。

二番目に脂がのっていた紅鮭は

身がしまっていて、鮭ならではの味わいを一番感じられるため、

焼き鮭にして食べるのがオススメです。

一番脂がのっていた銀鮭は、

身から脂が溶け出して美味しいダシになるので

シチューお鍋になどがオススメです。

ちなみにおにぎりに一番合うのは紅鮭がオススメです。

このように秋鮭、銀鮭、紅鮭の特徴の違いやオススメの料理法など

調べていて、勉強になりました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク