京都鉄道博物館に行ってきた♪

京都鉄道博物館に行ってきました♪

japan-82123_960_720

スポンサーリンク




京都鉄道博物館とは?

2015年夏に閉館した「梅小路蒸気機関車館」が、日本最大級の鉄道博物館となって2016年4月29日にオープンしました。

全53両の実物車両を展示しています。特にSLが23両もそろっているのは国内でも珍しいです。体験型の展示が多く、楽しみながら鉄道についての知識が得られるのも魅力の一つです。


京都鉄道博物館に行ってきた感想

実物車両の底を見上げれる、かさ上げ展示があるのですが、普段見ることのできない車両の底が見れて、新鮮です。

トワイライトエクスプレスなど屋外にも展示車両が多数あります。

幅約30m・奥行約10mの日本最大級のジオラマは、かなりおもしろかったです。
実物車両の約80分の1スケールになっている鉄道模型を係員が運転していて、朝・昼・夜と移り変わる鉄道の一日をショーのように見て楽しめます。

運転やいろいろな鉄道の仕事を体験できる本格的なコーナーがあって、かなり楽しいです。
事前に配布される整理券が必要な体験もあるので早めに行ったほうがいいです。

どのような体験コーナーがあるかというと

軌道自転車体験
線路を保守する現場で、線路点検に使われている軌道自転車。
その走行を楽しみながら体験できます。新幹線1両分の距離を走行できます。

運転シミュレータ
運転士が訓練で使っているシュミレータで、まさに訓練さながらの仕事体験ができます。

複数の列車をコントロールする
複数の列車の運行をコントロールする「指令所」の役割を紹介するコーナーです。
実際に使われていたコントロール用画面を壁一面に表示しています。

いろいろ見てきた感想は、鉄道に興味がある人はめちゃくちゃ楽しめると思います。

子供はけっこう喜ぶと思います。

そして、全然鉄道に興味がない人ても、普通に楽しめるので安心して下さい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする